ルネサンス高校CM2020の女の子は誰?女子高生・牧野真莉愛が可愛い!

CM NO IMAGE

ルネサンス高校「高校レボリューション編」が2020年11月から放送されています。

ルネサンス高校CM2020の中に出てくる可愛い女子高生が気になった方も多いのではないでしょうか?

ルネサンス高校CM2020に出演されている女子高生役の可愛い女の子は『牧野真莉愛(まきのまりあ)』さんという女優です。

「高校レボリューション編」というワードが、実はヒントにもなっているのですが、牧野真莉愛さんの過去の経歴やプロフィールが気になった方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ルネサンス高校CM2020の女子高生役の女優(女の子)・牧野真莉愛さんのプロフィールと経歴をご紹介します。

ルネサンス高校CM2020の女優・牧野真莉愛のプロフィール

牧野真莉愛さんはアイドルグループ・モーニング娘。のメンバーです。

牧野真莉愛のプロフィール

名前:牧野真莉愛(まきのまりあ)
ニックネーム:まりあ
生年月日:2001年2月2日
血液型:A型
出身地:愛知県
特技:バレエ、習字、絵を描くこと、あひる口
趣味:プロ野球観戦
好きな音楽ジャンル:演歌、ディズニー、J-POP、プロ野球球団歌、ファイターズ選手別応援歌
好きなスポーツ:野球(観る事が好きです)
座右の銘:克己心

愛知県出身なのに日ハムファン

牧野真莉愛さんは愛知県出身ですが、プロ野球球団・北海道日本ハムファイターズのファンです。

きっかけは牧野真莉愛さんは4才のときに新庄剛志選手を見てから一目惚れしたことだそうです。

それから牧野真莉愛さんは一家揃って「北海道日本ハムファイターズ」の大ファンになりました。

 

2020年9月23日に放送された『あいつ今何してる?』で新庄剛志さんと共演したときには、本人の前でしたが”新庄”とあえて呼び捨てで呼んでいました。

熱烈な野球ファンの牧野真莉愛さん一家は、多い時だと年間で50試合は観戦に行くほどで、名古屋ドームだけではなく北海道やいろんな遠くの球場にも遠征するようです。

 

ルネサンス高校CM2020の女優・牧野真莉愛の経歴

モーニング娘加入のきっかけ

牧野真莉愛さんは、2011年、2012年の2度モー娘。のオーディションに挑むも落ちてしまいました。

しかし、そこで諦めることはなく2012年11月1日に牧野真莉愛さんはダンス・歌のスキルアップのためにハロプロ研修生に加入しました。

オーディションに諦めなかったのは、初めて落選した時に母親からもらった誕生日プレゼントがきっかけだそうで、「どうしてもモーニング娘。さんになりたい!」と決意したそうです。

その頑張りが報われ、牧野真莉愛さんは2014年9月30日モーニング娘。加入することができました。

 

高校はなんと…

牧野真莉愛さんの出身高校はなんと今回CMを務めるルネサンス高校だそうです。

牧野真莉愛さんはルネサンス豊⽥⾼等学校に2016年入学し、昨年の2019年に卒業しました。

多忙な芸能活動を続けながら、普段はネット教材で学習し、年4⽇の登校⽇数で課程を修了したそうです。

ルネサンス高校にはなりたい職業に繋げることができる『学科内専門コース』があり、もしかしたらその中にある『エイベックス・アーティストアカデミーコース』や『芸能コース』も学んでいたかもしれませんね。

 

芸能人というと堀越高等学校というイメージですが、元モーニング娘。の道重さゆみさんや久住小春さんは『クラーク記念国際高等学校』元℃-uteの鈴木愛理さんは『目黒日本大学高等学校』と、ハロプロメンバーは学業もしっかり積める通信制高校に通う人が多いようですね。

 

また、小学校や中学校は「西尾市立西尾小学校」「愛知県西尾市立西尾中学校」だと言われています。

・西尾市立西尾小学校

 

・愛知県西尾市立西尾中学校

 

牧野真莉愛のInstagram

モーニング娘。’20の”ビジュアルクイーン”とも呼ばれている牧野真莉愛さん。

牧野真莉愛さんのInstagramにはセクシーなものや大好きな野球に関するもの、牧野真莉愛さんが描いたイラストなどプライベートが垣間見えるような様々な写真もアップされています。

魅力的な写真がたくさんありますので、その一部をご紹介しますね

 

この他にも様々な画像が投稿されているので、ぜひチェックしてみて下さい。

 

まとめ

今回は、ルネサンス高校CM2020に出演している女優(女の子)牧野真莉愛の経歴・プロフィールをご紹介しました。

牧野真莉愛さんは失敗しても諦めなかったことでモーニング娘。に加入することができました

アイドル以外も今はCM女優やモデルとしても大活躍中です。

今後も皆さん牧野真莉愛さんを応援してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。