日本だけにある競馬の特徴!海外との大きな違い

日本の競馬は、世界的に見てもレベルが高いことで知られています。しかし、日本の馬が海外へ、もしくは海外の馬が日本へ来ると、まったく違う結果が出ることも多いのです。日本と海外では細やかな違いがあります。その違いを知ることでスポーツベットアイオーの競馬などでも役立ていきましょう。

 

世界ランキング

馬のセリが世界共通でできるように、世界共通基準が作られました。以前はレースのレベルをG1、G2、G3で区別しています。しかし、国による強さの違いも考慮に入れるべく、パートで分けるようになったのです。

 

世界的にレベルが高い国をパートI、次にレベルの高い国がパートII、それ以下がパートIIIです。また障害競走をやる国はパートIVとしています。

 

日本も2007年にパートIとパートIVの国として仲間入りしました。アメリカやイギリス、ブラジルなどもパートIに入っています。つまり日本とアメリカのG1レースは同じだけ強いということです。

 

しかし、それでもなぜ海外の馬は日本で本領発揮しにくいのでしょうか。

大きな違いは芝

日本ではスピードが求められているのに対し、ヨーロッパではスタミナやパワーが重視されています。その理由は日本と海外で使っている芝が違うからです。

 

日本は人工的に作られた芝が多く、芝は短く、密度が低くなっています。つまり馬にとって走りやすい芝なため、スピードの速い馬が有利です。

 

しかし、ヨーロッパでは元々あった芝を生かしています。芝は長く、密度も高いため、馬が走るときに地面を蹴る力が必要なのです。雨が降れば、日本の芝以上にぬかるむため、持久力のある馬が勝ちます。

 

そういった特性から、世界的に有名な馬が日本で結果を残せないことはよくあるのです。

 

日本と海外の競馬による違い

海外といっても国ごとに違うため、一概には言えません。ただし、海外の馬と比べて日本ではスピードを重視している面や参観者が競馬を見やすい面、馬に賭けている金額などが違うといえます。

 

やはり大きな違いは使用している芝で、あとは文化や歴史面による違いが多く見られるでしょう。以下では日本と海外の違いを比べてみました。

 

日本と海外の競馬による違い:

日本 海外
賭ける面
入場料 安い 高め
馬の順番枠 馬の背番号に合わせて順番が並ぶ 背番号とは関係ない。総合的な情報から順番枠を決める
コース面
コース 小回りコースが多い 日本に比べて緩やか
軽い芝を使用(野芝) 重い芝を使用(洋芝)
ダート 砂が主流 土が主流
レース 芝が主流 アメリカではダートが主流、ヨーロッパでは芝が主流
レース
競争 平地競争が主流 イギリスでは障害競走が主流
レース賞金 高い 日本に比べて低い
その他
勝負服 馬主ごとにデザイン決められる 日本に比べて自由
調教師 皆一緒 ランク分けがある